スマホの使用法は多岐にわたりますが、車の査定もやはり

業者に車を査定してもらう際、タイヤの損傷や摩耗などで査定結果が変わってくるので、タイヤは摩耗していない方がベターだと言えます。

状態がいいとは言えないとしても、あえてタイヤ交換はしなくていいでしょう。 Continue reading 業者に車を査定してもらう際、タイヤの損傷や摩耗などで査

Read more

査定時、実際には車の何を見るのかというと車種やメーカ

査定時、実際には車の何を見るのかというと車種やメーカーのみならず、車検証の内容から年式からグレード、車のカラー情報の確認をするのも基本中の基本です。これに加えて、申し分なく動くかどうかの動作チェック、少々複雑なエンジンルームの点検も入念に行われるのが当然のことですし、あれこれ含めると、車の査定には15分、あるいは30分位は見ておくべきでしょう。 Continue reading 査定時、実際には車の何を見るのかというと車種やメーカ

Read more

所有者が絶対に中古車査定の際にはその場に

所有者が絶対に中古車査定の際にはその場にいなければいけないとする強制的なルールはないものの、本人不在で起こりうるトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、自分で傷を捏造して少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。 Continue reading 所有者が絶対に中古車査定の際にはその場に

Read more

自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺

マイナス査定の要因になり得るものとして、標準年間走行距離が1万キロを超えている、車体色が悪い、外観のキズ、汚れがある、車のパーツに破損が見られる、車中でのタバコ等があります。


そして、修理をされたことがあるということもマイナス査定の要因となります。 Continue reading マイナス査定の要因になり得るものとして、標準年間走行距離

Read more